美人なのにモテないのは理由があった




「最近の男性ってみんな草食だよね」。最近そんな台詞が良く聞こえてきます。男性は草食へ。女性は肉食へ。しかし詳しく調べてみると、実際そうではないことが分かりました。男性が草食になりつつあるのは本当ですが、女性は肉食になってきたというのは実は間違いで、男性が草食になり頼りなく見える分、女性が肉食に見えてしまうだけで、実際は今も昔も女性は変わらないというのです。

 

そうなってくると問題が起きます。女性も「待ちの状態ではチャンスがなかなか訪れない」と言うことです。これが美人がモテない一番の理由です。今回はその辺りを詳しく説明していきますので、是非ご覧下さい。

美人は綺麗過ぎてモテない説は本当か?




美人がモテない理由の一つに、「綺麗過ぎて誘えない。声がかけられない」というのがあります。しかし待ってください。確かに美人には声はかけづらいのが本音です。男性も「自分なんかがこんな綺麗な人に」「絶対俺なんか相手されないよ」などと考えてしまうのは分かります。

 

しかし、そのあなたのいう美人て誰のこと?という話です。例えば、モデルに女優に大活躍中の「奈々緖さん」。彼女はスタイルも顔も綺麗で完璧です。奈々緖さんのことを口説こう。口説けると思う男性はまずいません。正直びびってしまいます。

 

しかし、あなたの周りの綺麗と言われている女性は奈々緖さんのようにスタイルも顔も完璧ですか?ちょっと意見が強めできつかったかもしれませんが、早い話、美人過ぎてモテないと言えるのはモデルや女優さんなど、本当に高嶺の花と呼ばれる人だけです。

 

そうでなければ男性は可愛くて美人の方が好きに決まっています。わざわざ可愛くない方を口説くはずがありません。つまり美人過ぎてモテない説はあまりあてにはなりません。

物静かな女性がモテる説

「女性は物静かな方がモテる」これは本当なのでしょうか?実際合コンなどによく行く男性に話を聞いてみると、物静かな女性はあんまり好きではないそうです。これは正直好みの問題あるかとは思いますが、物静かでモテるのは「美人だけ」です。有村架純さんのような小動物系の天使が、物静かでおしとやかでニコニコしていたら?それはもう完全にハートを持っていかれます。

 

しかし、実際身近な人で有村架純さんの様な人はいません。無口で物静かでOKなのは、「可愛い子だけ」これを覚えておいてください。ただ、物静かな有村架純さんと、元気で楽しくて良く笑う有村架純さんならどちらが好きかと聞かれると、当然後者になります。つまり、物静かなのは武器ではないということを覚えておきましょう。ちなみにうるさすぎるくらいしゃべる女性はもっとNGです。

受け身ではモテない説

先程女性は肉食に!男性は草食に!という言う話をしました。しかし実際には女性は肉食にはなっていないわけで、となると女性は受け身ではなかなか出会いのきっかけがないという訳です。つまり、受け身の状態ではよっぽどの美人ではない限り、出会いのチャンスは訪れません。

 

プライドのある女性はなかなか自分から声をかけたりしません。女性は声をかけて貰うものだと勘違いしています。しかし男性が草食なので、待っている間に声をかけることができる女性に取られてしまいます。

 

今の時代、男性が声をかけるもの。女性は声をかけるものという考え方は辞めましょう。男性も実は声をかけられたがっているのです。女性も気になる人がいたらどんどん声をかけていきましょう。美人だから受け身の状態は、もう古いですよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

美人なのにモテない理由は参考になりましたか?当り前ですが、可愛いくて綺麗な人は普通に考えればモテるはずです。しかし中には可愛くて美人なのにモテない。彼氏がずっといないという人がいるのも事実です。なんでこんな可愛い子に彼氏がいないんだ?

 

もしかしたらもの凄い欠点があるのか?などと疑いたくなってしまいますね。しかし、モテない女性というのは、一貫して「受け身の姿勢」であることがわかりました。「自分からは誘わない」「自分から積極的に話しかけない」。など、相手が来てくれるのをずっと待っている状態です。これではいくらあなたが美人だとしてもチャンスは限られてしまいますね。

 

もしあなたが本当に彼氏が欲しい。結婚したい。出会いが欲しいと思うのであれば、今すぐ自分自身のバリアを壊し、受け身の姿勢を崩してください。そして、少しだけでいいので積極的になって下さい。これができればあなたも必ずモテるはずです。

「美人がモテない本当の理由とは?」あなた自身が心を開いていないために、出会いのチャンスを自ら制限し、つぶしてしまっているからではないでしょうか?是非心の扉を開放し、自ら積極的になってみてください。

スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事