名古屋グランパスは2018年シーズンを15位とギリギリ残留を決めることに成功しました。しかし戦力的に見ればACLや優勝争いに加わってこなければいけないチームです。

 

そして2019年シーズンに向け、名古屋グランパスの新加入選手や退団選手などの移籍情報をまとめてみましたので是非ご覧ください。

スポンサーリンク




名古屋グランパス移籍情報

移籍確定or噂など、わかっている範囲でご紹介します。

新加入選手

DF:藤井陽也 ← 名古屋グランパスU-18

DF:宮原和也 ← サンフレッチェ広島(レンタルから完全移籍)

MF:杉森考起 ← FC町田ゼルビア(レンタル終了/復帰)

MF:渡邊柊斗 ← 東海学園大学

FW:榎本大輝 ← 東海学園大学

MF:相馬勇紀 ← 早稲田大学

MF:伊藤洋輝 ← ジュビロ磐田(期限付き移籍)

MF:米本拓司 ← FC東京

退団選手

FW:玉田圭司 → 契約満了

MF:八反田康平 → 契約満了

MF:梶尾幹太 → SC相模原(レンタルか完全移籍)

FW:佐藤寿人 → ジェフユナイデット千葉

加入&退団の噂の選手

(加入)

MF:マテウス ← 大宮アルディージャ

MF:エンソペレス ← リバープレート(あくまで噂)

(退団)

GK:楢崎正剛 → 引退? ヴィッセル神戸? Vファーレン長崎? 京都サンガ? 奈良クラブ?

名古屋グランパス更なる補強は?

現在名古屋グランパスに目立った補強の声は聞こえてきません。以前から噂のあった大宮アルディージャの大前選手とマテウス選手ですが、先日大前選手の残留が発表されました。

 

玉田選手が抜けたポジションに大前&マテウスは理想的な補強だと思いましたが、残念ながら大前選手の獲得には至らなかったようです。マテウス選手とは依然として交渉中なのでしょうか?

 

来季からJリーグの外国人枠がフリーになり、出場は3人から5人に変更になりました。現在名古屋グランパスにはジョー・シャビエル・ネット・ランゲラック・ホーシャの5人の外国人選手が所属している状態です。

 

2018年シーズンはホーシャ選手がケガがちであまり試合に出場することができませんでしたので、できればもうあと1.2人外国人選手が欲しいところですね。

 

移籍の噂があるマテウス選手とエンソペレス選手の加入が決まればかなり大きな戦力になりそうです。

スポンサーリンク




名古屋グランパス補強ポイントは?

昨シーズンの成績を考えると補強ポイントはズバリ、ボランチとディフェンスラインといえるのではないでしょうか。前線にはジョー選手をはじめ、シャビエル選手、前田選手とタレントは揃っています。ただ、ボランチに関しては昨シーズン小林選手とネット選手がコンビを組んでいましたが、ネット選手が欠場するとパス回しが機能しなくなるというシーンが多くみられました。

 

そこで、パスが上手く、ゲームをコントロールできるタイプの選手を是非獲得したいところですね。

 

そしてディフェンスラインですが、サイドバックを主に宮原選手、金井選手、相馬選手、和泉選手が務めていましたが、レギュラーと呼べるのは宮原選手くらいでしたね。昨シーズン終盤に宮原選手が欠場するとズルズルと順位が下がってしまいました。本格的なサイドバックの補強は急務と言えるのではないでしょうか?

 

センターバックですが、現在不動のレギュラーとして中谷選手、丸山選手が務めています。この二人のどちらかが欠場すると櫛引選手、新井選手が務めていましたが、昨シーズン失点が多かったことを考えると補強が必要です。

 

ただ、失点が多く、壊滅的な状態だったのは、金井、ネット、中谷、丸山選手が来る前の話です。後半は補強が成功したお陰でなんとか残留できましたが、名古屋グランパスは残留を目的としたチームではありませんので、是が非でも優勝争いに加わることができるチーム作りをしてほしいものです。

まとめ

2018年シーズンはなんとか残留することができました。しかし2019年シーズンはACLや優勝を狙いたいところです。昨シーズンはW杯中断明けに怒涛の7連勝を飾り、ベストメンバーであれば勝てるチームだということを証明しました。

 

しかし、裏を返せばベストメンバーで望めないと勝てないという状況だったのも事実です。さらに2019年シーズンはベテラン(玉田・佐藤寿人・もしかしたら楢崎も?)が抜けるとなると精神的な支柱がいなくなってしまいます。

 

なんとしても外国人を2人。日本代表クラスの選手を3人くらい補強したいところですね。今後まだまだ移籍に動きが出てくると思いますので非常に楽しみです。

 

 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事