映画「チアダン」は本当にあった実話だというのをご存じですか?広瀬すずさん主演で公開されたのですが、その続編としてドラマ化されました。

 

そして今回のドラマも実話?かと思いましたが、オリジナルストーリーになっているようです。設定が映画から9年後ということですが、内容はフィックションみたいですね。

 

ただし、内容は映画に負けず劣らず「感動して泣ける」と絶賛されています。特に同学年の女子高生の間では

1話からずっと泣ける。太鳳ちゃんの頑張りを見てると、こっちまで元気出てくる

 

何かに一生懸命な姿が応援したくなる。毎回涙無しでは見られない

 

たろう先生とロケッツの絆が素敵。あんな先生に出会いたかったな

 

ロケッツの頑張りが、絆とか、友情とか、愛とか、全部を巻きこんで目が離せない。毎回金曜日が待ち遠しくて仕方無い。私もロケッツに入りたい。みんな可愛くて好き

 

泣けるの一言。この夏一番の泣けるドラマは「チアダン」で決まり。続編期待したい。

 

などなど、かなり多くの人が泣けるとSNSで話題にしています。



チアダンのあらすじをご紹介

 

 

 

 

 

 

ドラマ「チアダン」は、土屋太鳳ちゃん(藤谷わかば役)主演となっています。幼い頃姉の新木優子(藤谷あおい役)と一緒にJETSの全米制覇を見て感動し、自分もチアダンをやりたいと思うようになります。しかし、姉がJETSの一員として見事全米制覇を達成したのとは逆に、わかばは受験に失敗し、違う高校へと進みます。

 

そして、わかばはチアダンス部ではなく(学校にチアダンス部がないため)、チアリーダー部へと入部します。しかしそんな中、東京から引っ越してきた石井杏奈(桐生汐里役)に強引に誘われチアダンス部を結成します。そして、打倒JETS、目指せ全米制覇を目標に夢を追いかけ、仲間や先生との絆を描いた青春ストーりーとなっています。

 

ちょっと見てて恥ずかしくなるような作品ですが、そこがまた真っ直ぐで、チアダンメンバーの情熱をテレビごしにも感じられる感動作品です。ちなみにわたしも毎回泣いてます。しかも録画で5回はリピート(泣ける部分だけ)して見ます。

 

このドラマはなんというか、学生のことに戻りたくなるような、そして、友達や仲間って良いな。あんな先生と出会いたかったな。など、色々な気持ちにさせてくれます。

 

まとめ

残すところあと数話しかありませんが、まだ見ていない人は今からでも遅くありません。是非見て頂きたい作品です。そして、このチアダンメンバー「ロケッツ」が本当に打倒JETSを達成するのか?

 

そして、全米制覇してしまうのか?ようやく20人揃ったメンバーの活躍が楽しみでなりません。毎週の金曜日の夜は涙腺崩壊間違いなしです。泣くと美容にの良い?と聞いたことがあるので、是非皆さんドラマ「チアダン」をお見逃しなく!!



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事