鹿島アントラーズのレジェンドである小笠原満男選手が27日、今季限りで現役を引退すると発表がありました。そんな小笠原満男選手ですが、今後は一体どうするのでしょうか?鹿島アントラーズの一員として活動していくのか?それとも監督を目指すのか?サッカー界から離れてしまうのか?

 

今後の動きがとても気になるところですので、調べてみたいと思います。

スポンサーリンク




小笠原満男選手とは?

小笠原満男選手はサッカー選手としてとても輝かしい実績の持ち主です。1998年に岩手県の大船渡高校から鹿島アントラーズに入団。期限付き移籍のメッシーナを挟み、J1通算525試合出場、69得点。日本代表としても国際Aマッチ55試合出場7得点。ワールドカップメンバーにも2002年の日韓、2006年のドイツ大会に選ばれている、まさに鹿島アントラーズの象徴とも呼べる存在です。

クラブ[編集] 鹿島アントラーズJリーグ:7回 (1998年、2000年、2001年、2007年、2008年、2009年、2016年)
ヤマザキナビスコカップ:5回 (2000年、2002年、2011年、2012年、 2015年)
天皇杯全日本サッカー選手権大会:4回 (2000年、2007年、2010年、2016年)
FUJI XEROX SUPER CUP:5回 (1998年、1999年、2009年、2010年、2017年)
A3チャンピオンズカップ:1回 (2003年)
スルガ銀行チャンピオンシップ:2回 (2012年、2013年)
AFCチャンピオンズリーグ:1回(2018年)

代表[編集] 1999 FIFAワールドユース選手権 準優勝
AFCアジアカップ2004 優勝

個人[編集] Jリーグ優秀選手賞:8回 (2001年-2005年、2008年-2010年)
Jリーグベストイレブン:6回 (2001年-2005年、2009年)
Jリーグ最優秀選手賞:1回 (2009年)
J1リーグMYアウォーズ ベストイレブン:1回 (2016年)
日本年間最優秀選手賞:1回 (2009年)
JリーグチャンピオンシップMVP:2回 (2000年、2001年)
天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝MVP:1回 (2001年)
ナビスコカップMVP:2回 (2002年, 2015年)
AFC1月月間最優秀ゴール賞:1回 (2001年1月)
全国高等学校サッカー選手権大会優秀選手:1回 (1998年)
Jリーグ月間MVP:1回(2016年6月)

このように成績だけを見てもとんでもない選手であることが分かりますね。

スポンサーリンク




小笠原満男スーパープレイ集

この映像を見るだけでも小笠原満男という選手の偉大さや凄さが分かりますね。しかし小笠原選手は、実際にプレイだけで無く、鹿島アントラーズというチームになくてはならない絶対的な存在と言える働きをいつも見せてくれていました。試合に出場している時も出てないときも、小笠原満男はプロの鏡と言える存在でした。彼がいるかいないかで鹿島アントラーズは別のチームになってしまう。鹿島アントラーズに小笠原満男あり!そんな存在でしたね。

小笠原満男選手の気になる今後は?

現在小笠原選手の今後についての発表はありません。ですが、鹿島アントラーズには多くのOBが関係者として残っています。ジーコや大岩監督、中田浩二さん、柳沢敦(現在は鹿島から離れている)など、多くの鹿島アントラーズでプレイしてきた選手が鹿島のスタッフとして活躍しています。鹿島アントラーズの17冠を知る男の存在は。これからの鹿島アントラーズにとっても不可欠なのは間違いありません。

 

今後の詳細についてはまだ未定ですが、鹿島ファンも将来は監督として帰ってきて欲しいとの声が多い用です。

 

皆に愛され、鹿島アントラーズのファンには絶大なる信頼を寄せられ、そして対戦相手のサポーターからは最も嫌がられる選手でしたね。そんな小笠原満男選手の活躍は、サッカーファンの記憶にいつまでも残ることでしょう。鹿島アントラーズの象徴である小笠原満男選手。本当にお疲れ様でした。そして、熱いプレイと感動をありがとうございました。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事