スッポンは一般的には黒いというイメージがありますが、長崎県雲仙市の用水路で黄色いすっぽんが見つかったと話題になっています。

 

そして、この幸せの黄色いスッポンですが、近く佐世保市内の水族館で展示されることが決まったようです。是非後利益があるなら見てみたいものですね。

黄色いすっぽんを発見した人物は?

この黄色いすっぽんを発見したのが、何と趣味がスッポン釣りだという南島原市の高橋勉さん(78歳)さぞ発見時はおどろいたのではないでしょうか。そして、この高橋さんの寄贈により、水族館で見られるようになるとの事ですね。本当にありがたい事です。

 

ちなみにこの高橋さんのコメントで面白いのが「こんな希少なスッポン気が引けて食べららない」との事。この時ばかりはすっぽんも自分の身体が黄色くて良かったとほっとしたことでしょう。

 

どんな味がするのか少し気になるので、食べてみたい気がしますが、ここは見るだけで我慢しましょうということですね。ちなみに黄色いすっぽんを料亭で出したら一体いくらになるのか?それもまた気になるところです。

 

そもそも何故体が黄色に?

水族館の人の話によると、黄色いスッポンは身体の黒い色素を作る成分が普通よりも少ないのでは?ということらしいです。なんかこれを聞いた時、人間の髪も黒だったり、茶髪だったり、金髪だったり、様々ですが、似ているのかなと思ってしまいました。

 

何とも夢が無い話ですいません。ということは黄色いスッポンを見たからと言って幸せになれるわけではないということなのでしょうか?

 

これに関してはあくまで縁起の話ですが、黄色い蛇なども同じ様に縁起が良いと言われています。ちなみに風水的にも黄色は「ご縁」「結婚」「金運」などに良いと言われていますので、黄色いスッポンも縁起が良いと思っても良いのではないでしょうか?



水族館の人も幸運と太鼓判

水族館で勤務する泉さんも、「これだけ目立つ色をしながら成長できたのはきっと幸運の持ち主だ」とコメントしています。確かに外敵から身を守るにはこの派手な色はきっととてつもなく不利だったことでしょう。

 

その中を成長するまで生き抜いてきたこの黄色いスッポンは間違いなく幸運を運んできてくれることでしょう。

 

そして。早ければ今月中には黄色いスッポンを水族館でお披露目できるのだとか。夏休みが終わる前に是非水族館に駆け込みましょう。

 

まとめ

何とも黄色いスッポンには驚きました。しかも、本当に見たら幸運になれそうな気がしますね。今後幸せになりたい人が佐世保市内の水族館に殺到するかもしれませんね。

ということで間違いなく、この水族館に黄色いスッポンは幸運を運んでくると言う事で間違いないのではないでしょうか?



 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事