AKBグループメンバーのツイッターが、2019年1月10日未明頃から、アカウントの凍結が相次いでいるとのこと。

 

AKBの支配人である細井さんが「現在復旧に向けて担当部署と対応中」としているが、一体何があったのだろうか?

スポンサーリンク




 

山口真帆さんの件が関係か?

ニュースの情報では、AKBグループ内で既に40名以上のツイッターのアカウントが凍結しているのだそうです。

 

この件に関してファンの間では誰かが山口真帆さんの件で通報したのでは?との声が広がっています。

 

ただ、一般の方のアカウントも調べてみるとアカウントが凍結したと言っている人も多く、もしかしたらただ単に凍結しただけかもしれません。

 

実際2018年にはツイッターのアカウントの凍結が相次いで行われ(凍結祭りと呼ばれている)企業のアカウントや一般の方のアカウントまで、数多くが凍結され話題になっていました。

 

ただし、ツイッターには様々なルールがあり、違反した場合は凍結する仕組みになっています。これらの違反がメンバーの中にあったとは思えず、やはり何らかの理由があるのでは?と疑ってしまいますね。

スポンサーリンク




まとめ

山口真帆さんの件で先日からファンの間でかなりの動揺が広がっています。報道ではただのファンが自宅に侵入したとされていますが、実際は一部のメンバーが山口真帆さんの自宅を教えたとされています。

 

この件に関して運営はメンバーの関与は認められなかったと発表したことから、ファンの間では運営の対応を問題視し、騒動になっているとの事です。

 

もしかしたらそれが原因でAKBグループのツイッターが凍結しているのかもしれません。今の段階では定かではありませんが、またわかり次第追記していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




Twitterでフォローしよう

おすすめの記事