毎年盛り上がりをみせているバレンタインデーですが、最近は女の子同士でチョコをプレゼントし合ったりし、男性に想いを伝える為のイベントとではなく、純粋にチョコを楽しむイベント化しつつあります。

 

そんな中、やはり男性としては好きな女のこからチョコを貰えると嬉しい訳です。筆者自身も、高校生くらいまでは2/14はドキドキしながら1日を過ごしていました。

 

朝登校したら机やロッカーの中にチョコは入ってないかな?学校帰りに可愛いあの子に呼び止められてチョコ渡されるんんじゃないかな?なんて、今ではとても良い想い出です。

 

そんな青春真っ只中の学生にとって、友チョコなんてのは言語道断。許せません。友達同士ではなくて男にチョコをくれ!そう心から叫んでいるわけです。社会人になると義理チョコ感が増し、正直貰ってもあんまり嬉しくないわけです。

 

そこで今回は、男性が貰って嬉しいチョコは手作り派?それとも買う派?そして貰うシチュエーションなどを男性目線で解説していきたいと思います。是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク




バレンタインチョコは貰って嬉しい?

バレンタインンチョコを貰って嬉しくない男性はいません。もちろん完全な義理チョコと、本命の彼女や好きな女の子からのチョコに嬉しさの違いはありますが、基本的に貰って嬉しいはずです。

 

例外として単純にチョコ(甘い物)が嫌いな人や、お返しがめんどくさいから嫌いと言う人もますが、今回はそのような例を除いてご紹介していきます。

 

ということで、バレンタインチョコは基本的に貰って嬉しいはずです。では、もし貰うとしたら男性は手作りと買った物ではどちらが嬉しいのでしょうか?

バレンタインンチョコは手作り派

手作りと買った物。男性はどちらを貰うと嬉しいかですが、正直な所、どのような相手から貰うのかで変わってくるようです。例えば彼女だったり、意中の女の子からチョコを貰うのであれば手作りが良いという意見が圧倒的に多いです。

 

その理由として、チョコ自体よりも「気持ちが嬉しい」という意見が多いようです。味も美味しければこしたことはありませんが、それよりも「自分の為に手間をかけて作ってくれた」というのが男性は嬉しいようですね。

 

逆に彼女や奥さんから買ったものを渡されると、なんだか寂しい気持ちになる人も多いようです。付き合いたての頃は手作りで愛情を感じたのに、最近は買ったものを業務的に渡されるだけでなんだか寂しい。と言う意見は非常に多いです。

 

このように手作りは手作りでも、誰に貰うかがとても重要のようです。ちなみに一番いらない手作りは「みんなで食べてね」。と会社などにまとめて作ってきた物です。個人的に渡されるならまだしも、お土産みたいな感覚でまとめておかれるのはちょっと。なんか最後の方はぐちゃぐちゃになってるし、食べる気が正直しないというのが男性の本音のようです。

買ってきた物派

買ってきたチョコの良い部分は、確実に美味しい事。手作りと違い安心感があります。その為、義理チョコであれば手作りよりも買ってきたものの方が100%と良いという意見が大多数です。

 

そもそも義理なので愛情は込められていませんし、それなら美味しい方が良いですよね。後は人が作ったものは苦手と言う人もいるので、特に会社でチョコを配る際は、なるべく手作りは避けた方が良いでしょう。

 

ヒドイ話ですが、私の友人にも友達のお母さんの握ったおにぎりは食べられないと言う人がいて、同様手作りチョコを貰っても食べれないから味の感想だけ教えて。という友人がいました。つまり口にせずにそのままゴミ箱行きとなったわけです。

 

確かにせっかく作ってもらったのにヒドイ。と言う意見は間違いないのですが、実際手作りが苦手と言う人もいいのは事実ですので、極力手作りではなく、買ったものをあげた方が喜ばれるのは間違いありません。

スポンサーリンク




バレンタインチョコの値段はいくらが妥当?

バレンタインのチョコの値段ですが、義理チョコあれば1000円〜2000円が妥当ではないでしょうか?それ以上になってしまうと正直お返しが大変で面倒臭い。というのが男性の本音のようです。

 

本命チョコで買ったものを上げるという方でも、3000円くらいで十分です。5000円以上するチョコをたまに見かけますが、正直男性は女性と違いそこまでチョコにこだわりがありませんので、貰えないのは寂しいけど、貰えれば基本何でも嬉しいと思って下さい。

 

ですので、基本的には1000円以上〜3000円未満くらいのチョコを選べば間違いありません。あとはお酒が入っているチョコは苦手という方は意外と多いので、好みだけは最低限把握してからプレゼントして上げると良いでしょう。

チョコや甘い物が苦手な人にはどうすれば良いの?

男性の中には甘い物が苦手という方も少なくはありません。むしろ以外に多いです。このように甘い物が苦手な人にチョコをあげても、貰った方は正直困ってしまいます。ですので、そのような場合は無理にあげる必要はありません。

 

会社でみんなにあげるからどうしても渡さないといけないような状況であれば、栄養ドリンクをあげるとか、ちょっと違ったものをあげてみてはいかがでしょうか?むしろ俺が甘いもの苦手なのを知っていて違うものをプレゼントしてくれたんだとわかれば、普通にチョコをプレゼントされるよりも圧倒的に高感度は上がるはずです。

 

必ずしもチョコをあげなければいけないわけではありません。気持ちが大事ですので、嫌いなものを貰うくらいならいらないという男性の方が圧倒的に多く、あげないという選択肢も一つだと思います。

貰って嬉しいチョコの渡され方

学生の頃は本当にドキドキしながら2月14日を過ごしていましたが、大人になりそんな気持は一切なくなってしまいました。悲しいですがこれが現実というやつですね。しかし、そんな大人になってからでも、貰って嬉しい渡され方があります。それは「一言感謝の気持ちを添えて渡す」です。

 

ただ単に「これバレンタインのチョコです」。と渡すのではなく、「いつもお世話になってるので良かったら食べてください。これ○○さん好きかなと思って買いました」。といわれたら嬉しくないですか?普通に渡されるよりも嬉しいですよね。

 

本命の彼であれば手紙を添えたりするのもありだと思います。どんな物を渡すかと同じくらい。いやそれ以上に渡し方も重要だということを覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

毎年バレンタインチョコって悩みますよね。最近では会社でも禁止にしたりするところも多いようです。確かにお返しも面倒だし、なきゃないでいいか。そう思う人もいるようですが、せっかくの1年に1回のイベントなので楽しみたいですよね。

 

特に学生の場合はバレンタインが禁止になったら死活問題です。学生のうちしか味わえないあのドキドキをしっかり楽しんでくださいね。ということで、バレンタインチョコのの渡し方は参考になったでしょうか?せっかく渡すなら喜んでほしいですよね。ぜひ参考になれば幸いです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事