連日報道されているNGT48山口真帆さんが暴行された件が次第に明るみになってきました。

スポンサーリンク





今まで山口真帆さんのファンの行き過ぎによる行動だとか、メンバーの一人がうっかり帰宅時間を教えてしまったなどと報道されてきましたが、実際はZ会なる卑劣なアイドルハンターグループが関与していることが分かったのです。

 

そしてこの度、そのアイドルハンター達がライブや握手会。その他イベントなど、全てにおいて出入り禁止となりました。しかし実際にはかなり卑劣な手口と、犯行ということが次第に分かり、「出禁の処分だけでは甘い」「そんなの当然だ。もっと重い処分を」「逮捕されないのはおかしい」などの声が上がっています。

 

今後益々犯行が明るみになれば、メンバーの中心人物を逮捕ということに発展しそうな気がします。今まで被害者は山口真帆さんだけと思われてきましたが、ここにきて被害者が多数いるということが分かった来ましたので、事実逮捕は近いのでは?と思われます。

スポンサーリンク




20代マネージャーがZ会による嫌がらせで退職

なんとNGT48の20代女性マネージャーが、山口真帆さんを暴行したZ会によって嫌がらせを受け、退職に追い込まれていたことが分かりました。

 

内容をまとめると、女性マネージャーはNGT48のメンバーや女性ファンにと繋がろうとしたり、手をだそうとする暴走ファンを必死で闘っていたそうです。

 

そんな彼女を邪魔に思い、嫌がらせをし、それが次第にエスカレートしていったとの事です。そんな彼女はZ会によってガムテープでぐるぐる巻きにされたりし、暴行を受けていたことが分かりました。

 

これが本当であれば確実に暴行事件として逮捕することができます。それにしてもそんなZ会を今まで野放しにしていた運営はやはりずさんだったと言わざるおえません。

何故Z会は今まで野放しにされていたのか?

Z会が今まで野放しにされていた理由。それはズバリ太客と呼ばれる。お金を沢山使う客だったからと言われています。実際問題行動を把握しているにも関わらず、目をつぶってきた言うのが真相のようです。

 

その中でも20代女性マネージャーだけが必死にメンバーとNGT48を守り闘ってきたにもかかわらず、そんな彼女に何もせずに退職させてしまう運営はあり得ません。

 

そして忘れてはならないのがZ会と繋がりがあるメンバーぼ処分です。ここまで真実が明るみになった以上、そのメンバーの処分が全くないのはメンバーにとってもファンにとってもあり得ません。

 

今後健全な運営を続けていく上でも、早急に対処が必要だと思われます。公演やCMが中止になり、著しくイメージがダウンしてしまったNGT48。またファンが心から応援できる日はやってくるのであろうか….

 

まとめ

やはりこの件に関してはただのファンの暴走ではなかったようですね。「会いに行けるアイドル」というコンセプトですが、決して「勝手に会いに行っていいアイドル」ではありません。

 

もしかするとまだまだアイドル界の闇は深く、これはほんの一部の姿かもしれません。夢を追い続け、頑張るメンバー達が安心して活動できる場所を、運営や大人たちがしっかりサポートし、その夢を一緒に願う純粋なファンだけが残ることを祈るばかりです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事