今年一番の衝撃的なニュースが入ってきました。2019年1月27日。なんと嵐が2020年12月31日をもって嵐としての活動を休止するというのです。そして嵐のリーダー大野智さんに限っては2021年以降は芸能活動自体の活動を休止すると発表しました。


そこでファンの間では、メンバーの結婚説や不仲説など、さまざまな憶測が飛び交っていましたが、メンバー全員そろって会見し、休止の理由を説明していました。そこで今回は、解散ではなく休止にした理由は?復活があるのか?もしくは大野さんを省いた4人での活動はないのか?などを調べてみました。

スポンサーリンク




 

休止の原因は大野智?

事の発端はどうやら大野さんのようです。以前から大野さんは嵐を脱退。更にはジャニーズ事務所を退所する考えを持っていたようです。そして「自由な生活をしてみたい」と考えていたようです。大野さんの中ではまだ具体的なことは決まっていないそうですが、その後の言葉に詰まっていました。

 

今回の決断に関して、ファンの中では活動休止ではなくてはいけないのか?4人での活動を続け、大野さんを待つ選択はないのか?という話になっていました。大野さん自身はけじめとして活動を終え、事務所を辞めなくてはいけないという決断を当初はしていたようです。

 

しかしメンバーの説得もあり、1度デビュー20周年をきっかけに一度お休みという選択をしたようですが、事務所には所属したままという形にしたようです。そして「1度自分を見つめ直す期間として1度立ち止まり仕事に関しては完全にお休みする」とのことです。

スポンサーリンク




ファンの気持ちは?

 

ファンの皆さんは当然ながら悲しみに包まれていますね。しかしその中でもやはり嵐への愛を感じるコメントが非常に多かったです。会見も嵐らしいと好評でした。まだ先の話になりますし、2年間余裕があるので実感が正直無いですが、必ずまた5人の嵐をみたいですね。

 

嵐は4人での活動はしないのか?

個人的には大野さんが戻ってくるまで4人で嵐としての活動を続けても良いのではと思いますが、ファンのコメントや嵐の絆を見ていると4人での活動は考えにくそうですね。正直解散となるよりは4人で続けて欲しいというのが本音です。最近ジャニーズではメンバーの脱退や解散などが相次ぎ、ファンとしては少し寂しい報告ばかりでした。

 

今回の嵐の活動休止も、個人的にSMAP解散と同じくらいの衝撃でした。まだ休止まで2年ありますが、一旦活動休止後に、5人の嵐が見れることをファンは全員望んでいるはずです。

 

まとめ

嵐ファンはしばらくの間悲しみに暮れる日が続くのではないでしょうか?

 

確かに活動休止は残念で仕方ありませんが、会見を見て改めて嵐の人気やファンから愛される理由が分かった気がします。ファンの皆は、5人の嵐として戻ってきてくれることを信じています。いつになるかはわかりませんが、新生嵐に期待しつつ、休止までの2年間全力で応援しましょう。

 

これからライブなどチケットの争奪戦が大変なことになりそうですね。頑張らなくてはですね!

スポンサーリンク




スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事