けやき坂46(通称ひらがなけやき)が2019年2月11日に突如「日向坂46」に改名すると発表がありました。

 

今までは欅坂46の妹分的な?2期生的な印象が強かったですが、今後は日向坂として単独で活動していくようです。そこで今回は、改名理由やメンバーの反応。ファンの声など、日向坂46について調べて見ようと思います。

スポンサーリンク




サプライズ発表

日向坂46に改名することに関して、メンバーは一切知らされていなかったようです。メンバーは11日に「SHOWROOM」にて、重大発表と称し、オフィシャルサイトの開設やカウントダウンライブ、シングルの発売などを次々と紹介。

 

そして、最後にメンバーも知らされていなかったサプライズ発表が!それがけやき坂46から「日向坂46」への改名です。ちなみにメンバーの反応はと言うと、メンバーは皆、涙を流しながら喜んだとの事です。

 

おそらくメンバーの中には、きっともやもやした気持ちでけやき坂46と言う名前を受け入れていた子もいるのではないかと思います。立ち位置的にもイマイチ不透明で、言い方は悪いですが、欅坂46の影に隠れているようなイメージがありました。

 

そしてついに陰から日向へ。そんな意味合いも込めての日向坂46と言う名前にしたのでは?と私は直感で思ったのですが、本当の由来はなんなのでしょうか

スポンサーリンク




 

日向坂46名前の由来は?

名前の由来ですが、実在する坂の名前を付けたいと言うのがまず前提としてあったようです。そして「日向坂(ひなた)46」に決まったそうです。ただ、実在する坂の読み方はひなたではなく、ひゅうがだそうです。

 

そして、空色のロゴには「空高く飛べるように」という思いが込められているのだとか。

 

いつも元気なイメージのあるひらがなけやきにピッタリな名前だなと素直思いました。メンバーを見ていると、グループの中でも一番仲が良いのでは?と感じるほど、いつも楽しそうに番組に出演しているように感じますし、団結力はピカイチな気がします。

けやき坂46の冠番組の名前の変更などはどうなる?

基本的に2019年2月11日をもってグループ名が「日向坂46」に変更するとのことですが、あまりにも突然のサプライズ発表だったため、グループ名のついた活動や番組などは、これから急ピッチで対応するとの事です。

 

ちなみにけやき坂46の冠番組と言えば、オードリーの若林さんと春日さんがMCを務める「ひらがな推し」は確実に番組名が変更になるはずです。どんな名前になるか楽しみですね。

 

今後、運営スタッフと番組プロデューサーとの間で協議しきめていくそうです。

メンバーの反応は?

メンバーの斉藤京子さんを筆頭に、嬉しい嬉しいの連続だったようです。そして、活動してきた中で一番嬉しいと言う言葉もでるほど、メンバーのみんな喜んでいました。


通常グループ名が変更になると、メンバーは少々戸惑うものですが、今回の改名に関してはみんな大喜びだったようですね。これからより一層活躍が期待できそうです。

ファンの反応は?

 


ファンの反応は様々ですね。さっそく日向坂に行った人もいるようでさすがです。その他、番組名が気になる人や、メンバー同様喜びの声を挙げている人。お金の心配をされている方まで(笑)

 

ほんと様々な反応ですが、これから一層メンバーには頑張って盛り上げてほしいですね。ファンはついていくのみです!

日向坂公式Twitter

 

 

こちらが日向坂46公式Twitterアカウントです。みなさんさっそくフォローしましょう!

まとめ

いかがでしたか?

 

この発表は、何よりメンバー自身が一番喜んでいたみたいで、ファンとしても嬉しい気持ちに成りますね。これからの「日向坂46」におおいに期待しましょう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事