テニス女子シングルス世界ランク1位の大坂なおみ選手が、自身のTwitterで、こーチであるサーシャ・バイン氏との契約解除を発表しました。

 

先日も優勝したばかりで、グランドスラム2大会連続優勝と、最近の大坂なおみ選手の輝かしい成績を支えてきた存在である、サーシャ・バイン氏と大阪なおみ選手との間に一体何があったのでしょうか?

 

この師弟関係解消には、日本のメディア、ファンだけでなく、世界のメディアでも大きな話題になっているようです。成績が悪く結果がで出ていないならまだしも、優勝直後の今に何故?と言うのが本人以外全ての声ではないでしょうか?

 

ということで、何故大坂なおみ選手はこのタイミングでコーチとの契約を解除したのか?どのような理由でこのような経緯に至ったのか?また、新コーチは誰になるのかなどを調査してみたいと思います。

スポンサーリンク




大坂なおみ選手のコメントは?

「サーシャとは今後一緒に活動しない。彼の仕事ぶりに感謝しているし、将来の成功を祈っている」とつづると、なおみ旋風の立役者として支えていたバイン氏もこのツイートをリプライ。「ありがとうナオミ。僕も、本当に幸運を祈っている。なんという道のりだったんだろう。僕を加えてくれてありがとう」

このコメントを見る限り、円満に契約を解消したように見えますが、本当のところどうなのでしょうか?

スポンサーリンク




契約解消の理由は?

コメントを見る限りでは、円満な解消にも見えますが、今年に入った時点で既に関係は破綻していたようです。全豪では、コーチとの練習時間も通常より短くかかったり、コートにコーチが姿を現さなかったこともあったようです。

 

更には、大阪なおみ選手がコーチのアドバイスを振り切ろうとしていたとの情報もあり、お互いの関係が破綻していたと言うのも、このような光景を確認した一部の人の意見なのでは?と思われます。

 

本当の所はだま本人からの発表が無いのでわかりません。おそらく今後も本心は語られることはないのではと思われますが、どうなんでしょうか?

 

ちなみに大阪なおみ選手のマネジメント会社によると、解消は大坂なみ選手本人の意志によるものだそうです。世界ランキング1位になったものの、技術的な面(サーブやネットプレー)のレベルアップを図りたいとう意図があったようです。

 

おそらくこれは本心なのではないかと思われます。世界1位になるくらいの選手ですので、誰よりも向上心が強く、1位になったものの、まだまだ満足できない。更なる成長をしたいと強く考えていてもなんら不思議ではありません。

 

裏を返せば、それが大坂なおみ選手の強さの秘訣といえるのではないでしょうか。今回のコーチ解消が、大坂なおみ選手の更なるレベルアップに繋がることを願うばかりです。

新コーチは誰に?

そして気になるのが次のコーチは一体誰になるのか?という点ですが、既に昨年から数人の候補者に打診している状態だと言うのです。

 

ちなみに、次回のドバイ選手権には、コーチなしで大会に挑む可能性が高いとの事です。今回のコーチとの解消が、吉とでるか凶とでるかはこれから次第と言う事になりそうですね。

 

そして、バイン氏との契約は解消したが、それ以外のスタッフは現状と変わらない状態だそうです。

まとめ

いかがでしたか?

 

まさかこのタイミングで解消とは少々驚きましたが、今回のコーチとの契約解消が良い方向に進み、さらなるレベルアップを計れたら良いですね。

 

大坂なおみ選手の動向は日本中が注目していますし、これからも是非活躍し続け、世界ランキング1位の座をしっかりと死守してもらいたいものです。

 

今後の大坂なおみ選手の活躍が益々楽しみですね。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事