韓国でとんでもないことがおこりました。まさに人間とは思えない鬼畜のすることです。

 

ことの発端はこうです。

 

購入したペット(犬)が食糞するという理由で返金を要求し、店員に断られたことに逆上し、購入した犬を鞄の中から取り出し投げつけて死なせるという、まさにペット飼う資格もなければ、人としての常識や良心を疑わずにはいられないような行動をした女性がいるのです。

 

そしての画像がSNSを中心に広がり、大きな物議を醸しています。

スポンサーリンク




ペットショップで購入した犬を返品することは可能なのか?

万が一、ペットショップで購入した犬や猫を返品したい場合は可能なのでしょうか?気になり調べて見たところ、原則的には「返品不可」ということでした。今回は韓国での話でしたが、日本ではこのような理由でペットの返品は不可となっているようです。

 

日本では、犬を購入する際に原則として、契約内容に「一度購入を結んだ生体については原則としていかなる場合も返品は出来ません」といった旨が記載されているとのことです。

 

ただし例外として、購入から一定期間内に飼い主の過失ではなく、死亡してしまった場合には、同程度の価格の同じ種類の動物と交換することが可能だそうです。ということで、生きている限り、原則として返品や交換は受け付けていないということです。

 

ペットを購入すると言うことは命を預かるのと同じです。育てることができない。愛情を注ぐことができないのであれば動物を飼う資格はありません。物ではなく命だということをしっかり理解し、愛情をもって大切に育てられる人以外は購入しないようにしてほしいものですね。

返品には例外もある!?

基本返品は受付ないというのが基本ですが、希に例外もあるようです。それが先天性の疾患が購入後に見つかった場合。基本的にはこのような状態でも返品&交換は出来ないそうですが、その疾患があまりにも重篤な場合や、手術が必要な場合、1年以内の余命宣告を受けた場合などは状況により返品を受けれてくれることもあるそうです。

 

何とも言えないですが、購入した際に分らないのは仕方無いかもしれませんが、飼い主になる人も、命を粗末にするとかの問題ではなく、大切な家族とのお別れが来てしまうのはとても寂しいですよね。最初から1年でお別れしなくてはいけないなんて私だったらとてもではないですが耐えられません。このような場合は正直速やかに交換の対応をして欲しいと思うのがお客様心理ではないでしょうか。

 

ただし、今回の韓国で起きた食糞したから返品しろはあり得ませんよね。正直こんな理由で返品や返金を要求してくるようなヤバい客には大切な命を預かって欲しいとは思わないので、さっさと返金して子犬を返して欲しいというのが本音ではないかと思います。

 

今回は返金させて頂きますが、お客様は命を守る。愛情を注ぐという、ペットを飼ううえでの最低限のマナーや常識がありません。ですので、子犬のためにもお客様飼って頂くと不幸しか待っていません。ですので、今後一切ペットを飼いたいとは思わないでください。そして、ペットは一生飼いませんという約束の下、返金に応じさせて頂きます。これくらい言って返金に対応した方が子犬のためにも良かったかもしれませんね。

 

世の中には正直ペットを飼う資格のない人が沢山います。もう一度、ペットを飼う前は自分に育てることはできるのかを自問自答して購入するようにしましょう。

スポンサーリンク




動物虐待で逮捕はあり得るのか?

動物虐待に関して、日本では様々な処分があるようです。あくまで日本の場合ですが、今回のケースに当てはめた場合、2年以下の懲役又は200万円以下の罰金だそうです。動物だからと言って命を軽く見てはいけません。育てることができないのであれば、飼わないという選択をすることも優しさの一つではないでしょうか。

 

今回の韓国の件は本当に人間のすることとは思えません。SNSでも酷すぎると話題にもなっていますし、徹底的に処罰を与え、今後このようなことにならないようにして貰いたいものですね。動物を既に飼っている人からすると、本当に考えられないような行動でした。

韓国で子犬を投げつけに関するSNSでの反応は?

 

SNSでの反応は皆さん怒り心頭ですね。当り前と言えば当り前です。このようなことが二度と起こらないようにして欲しいですね。

まとめ

いかがでしたか?

 

なんとも胸くそ悪いニュースでしたね。改めてペットを飼う人のモラルが問われるニュースだったと思います。今回のニュースで、世界中から韓国女性には避難が殺到しているようです。現在、女性が動物保護法に違反しているとのことで、警察が調査に着手しているとのことです。

 

動物を愛する側からすると、逮捕されることを望んでいる人が多いと思われます。厳重に取り締まって欲しいですね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事