大人気アニメ「ポケットモンスター」のキャラクターをメインとした「名探偵ピカチュウ」(実写版)の予告がついに公開となりました。

その予告動画がこちらです。

今回の実写版では、アニメに登場してくる実際のキャラクターとは少々異なっているようで、毛に覆われたピカチュウやを筆頭に、他のキャラも正直違和感があるくらいの変わりようです。

 

ついこの前、プーさんの実写版が映画になり話題となっていました。個人的には、誰がこんなの見るんだ?とバカにしていましたが(すいません><)見た人の反応はかなり上々だったようで、「おもしろい」と絶賛していました。

 

同じく今回のポケットモンスターに登場するピカチュウをメインとした「名探偵ピカチュウ」も人気があるのでしょうか?

 

ということで、今回の記事ではそんな名探偵ピカチュウに関するネットの反応や評判!あらすじなどをご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク




ネットの反応は?

わりと好意的な意見が多いようですが、個人的には奇妙というか、少し不気味に感じてしまいました。

 

アニメだと可愛いキャラクターも、実際に実写化すると改めてポケットモンスターという名前の通り、「モンスター」であることを再確認させられるようなビジュアルに仕上がっていますね。

 

これは完全に子供向けではなく大人向けでしょう。「名探偵ピカチュウを見て泣き出してしまう子供もいるのではないでしょうか?

スポンサーリンク




名探偵ピカチュウの内容は?

ポケモンファンにはたまらない実写映画になるのか?と思いきや、実際は少し様子が違うようです。そしてそれが注目を集めている一つの要因とも言えるようです。

 

まず注目したいのが、ピカチュウの声が渋いと言う点。更にもっと注目してほしいのがピカチュウが言葉をしゃべると言う点ではないでしょうか?アニメでピカチュウが発する言葉と言えば「ピカピカー」などがお馴染みですが、実写版では人間の言葉をしゃべるのだそうです。

 

ポケモンファンとしてはどうなんんでしょうか?更に予告編でも確認できるように、セリフがおっさん染みていると言うのも注目されているようです。もしかしたら実写版を見る予定の人は、アニメのポケモンとは掛けはなして見た方が良いかもしれませんね。

 

今回の「名探偵ピカチュウ」は正直期待と不安が同じくらいあって色んな意味で注目できそうです。当たりか外れかも、見た人の意見で大きく分かれそうですね。

名探偵ピカチュウはアニメと違うの?元ネタは何?

2019年5月に公開の「名探偵ピカチュウ」ですが、それって何?と思った人も少なくないはずです。それもそのはず、元ネタとなっているのがアニメではなく、3DS用のポケモンンゲームで、2016年に「名探偵ピカチュウ」と言う名前のゲームが発売されています。

名探偵ピカチュウあらすじは?

ゲームの舞台となるのがライムシティ。主人公であるティム・グリッドマンは、行方不明になっている父親の「ハリー」を探す為に街を訪れます。そして父親であるハリーの元相棒であるピカチュウと出会い、コンビを組み、事件を解決していくと言う物語となっています。

 

ということで、何故ピカチュウが名探偵なのか?という謎が溶けましたね。ちなみに実写ではピカチュウは言葉を発しますが、主人公のティム以外には「ピカピカー」というお馴染みのセリフにしか聞こえないのだそうです。

まとめ

またまた面白そうな映画がハリウッドで実写化されました。あくまでイメージですが、日本のアニメがハリウッドで実写化された場合、当たり外れの差が大きいように感じます。

 

公開予定の「進撃の巨人」は個人的に非常に楽しみですが、過去に見たドラゴンボールがひどすぎて衝撃を受けた過去があるだけでに、期待半分。不安半分といったところです。

ただ、ネットでの反応を見る限りでは、楽しみにしている方が多いようですので、ぜひ期待値を上回る内容だといいですね。公開日が非常に楽しみです。皆さん期待して待ちましょう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事