サッカー界で前代未聞の問題行為が発生しました。その問題行為とは、トルコ3部のアメドスポルに所属するMFカラース選手が、試合直前に手に各隠し持っていたカミソリの刃で、相手選手の首を切りつけるという、今までのサッカー界の歴史を見渡しても一度もなかった問題行為が起きたのです。

 

そこでこの記事では、問題行為の動画を紹介すると共に、問題行為が何故起きてしまったのか?マンスールカラール選手について紹介したいと思います。

スポンサーリンク




マンスール・カラール選手wikiプロフ

マンスール・カラール選手の情報を調べてみましたが、トルコの3部チームと言うこともあってか、なかなか詳しい情報が出てきません。今分ったいることと言えば

  • トルコ3部に所属
  • サッカー選手
  • アメドスポルというチームでプレー
  • 年齢は33歳

ということです。サッカーの試合で人種差別やサポーター同士の暴力事件など、様々な問題行為は起きているものの、このようなカミソリで首を傷つけるなんてことは記憶にある限りありません。このような問題行為を何故、マンスール・カラール選手はしてしまったのでしょうか?

まずはその決定的瞬間の動画をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク




マンスール・カラール選手が起こして問題行為

 

この動画を見る限り、重傷にはなっていないようですね。カミソリで首を傷つけると聞くととても大変なことになってしまったのかと思いましたが、幸い軽傷で済んでほっとしています。それにしても何故このような問題行為が起きてしまったのでしょうか?

 

問題が起きたのは3月2日に行なわれたトルコリーグ第24節!アメドスポル対サカリヤスポルとの一戦で、MFマンスール・カラール選手(33)が整列している最中にカミソリを手に忍ばせ、キックオフ直前に相手選手の首筋を切りつけるという前代未聞の問題行為が起きてしまったのです。

 

その問題行為を海外メディアが決定的な瞬間を捉えた動画を公開しています。更に、被害者となった選手(ヤズガン)の患部の写真を紹介しています。そして当然ですが、トルコ国内で大きな波紋を呼んでいるようです。

カラール選手の処分や逮捕の可能性は?

カラール選手の処分については、おそらく永久追放が妥当ではないでしょうか?度々起こる問題行為に関しては何試合&○年出場停止処分&もしくは罰金というのが妥当ではないかと思いますが、今回の行為に関してはどんな理由があるにせよ許されることではありません。

 

かなりヒドイ暴力行為により永久追放になった選手は過去にもいましたが、それと比べてもヒドイ行為だと思いますので、間違い無く永久追放になるのでは無いかと思います。更に言えば、これは立派な殺人未遂に当たるとおもいますので、場合によっては逮捕も考えられるのではないかと思います。

まとめ

カラール選手【サッカー】カミソリで襲撃!処分や逮捕は?【動画】はいかがでしたか?

 

今回の問題行為はトルコ国内だけでなく、サッカー界全体で大きな波紋を呼んでいます。今後このようなことが起こらないことを望むばかりです。サッカー界だけで無く、スポーツ界全体でも問題が起きず、選手もファンも心から楽しめる状況を作れるといいですね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事