2019年3月23日放送の「マツコ会議」にて、今話題の自宅を持たずに転々と暮らすアドレスホッパーが特集されます。

 

そこでこの記事では、アドレスホッパーの生活の実態を調査してみたいと思います。

スポンサーリンク




アドレスホッパーっ何?

そもそも「アドレスホッパー」とは一体どんな人達の事を指すのでしょうか?また、何故自ら進んでアドレスホッパーになったのでいょうか?

 

まず、アドレスホッパーの意味ですが

〇アドレス=住所

〇ホッパー=転々とする

とという意味から「アドレスホッパーと呼ばれるようになったようです。

 

しかし、ホームレスやネット難民とは違い、ちゃんとした仕事をしていながらも、あえて住所を持たない生活をしているとのことで、何故そのような生活を自ら選んだのか気になりますね。

 

現在都内を中心にアドレスホッパーが増えているようですが、自ら進んでアドレスホッパーの道を選ぶには理由があるようです。

  1. 都内であれば、どこにでも泊まることができる
  2. 終電など、時間を気にしなくて良い
  3. 通勤時間が勿体ない。面倒くさい
  4. フットワークが軽くなり、出会いが増える

などの理由があるようです。

スポンサーリンク




住民票や納税はどうなるの?

気になる住民票や納税などですが、あくまで固定の場所に住んでいないだけで、仕事などはちゃんとしているため、問題ないように思います。

 

住民票は実家になっているけど、住んでいる場所は転々としている。一種の家出状態と同じではないかと思われます。そうでなければ、さすがに仕事にも影響してくるでしょうし、働いているにも関わらず納税していない。または住民票が無いのは問題があるので、さすがにそこはしっかり分かったうえで、アドレスホッパーになっていると思うので特に問題ないででしょう。

アドレスホッパーはどこに泊まっているの?

では一体アドレスホッパーはどこに泊まっているのか?ですが、だいたいこのような場所に泊まっているのではないかと思われます。

  • 漫画喫茶
  • ゲストハウス
  • 友達や彼女の家
  • シェアハウス
  • サウナ(スーパー銭湯)

ホームレスや仕事がないのでなければ、これらの場所に泊まるのは全く問題ないのではないかと思います。

 

そう言えば以前武井壮さんも、芸人を目指す為にまずは家を捨てたと語っていた時がありました。夜な夜な芸人が集まる場所に出向き、トークのスキルを磨いたそうで、もしかしたらアドレスホッパーの先駆けは武井壮さんかもしれませんね。

 

まとめ

アドレスホッパーの意味や住民票!納税に仕事を調査!(マツコ会議)はいかがでしたか?

 

3月23日放送の「マツコ会議」にて、今話題の「アドレスホッパー」特集されるということで非常に楽しみです。どんな生活をしているのか?今後どのようにしていくのかなど、とても気になりますね。

 

もしかしたら番組を見て、自分もアドレスホッパーになりたいという人が現れてくるかもしれません。今の時代は色々な働き方や暮らし方があるので、自分の好きなようにしてもらって良いと思います。他人に迷惑をかけなければ問題ないと思いますので、個人的には賛成なので注目して番組を見てみたいと思います。

 

 

皆さんも興味がある方は是非注目してみてみて下さい。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事