3月29にコンビニ(ローソン)が実験的に午前0時から午前5時までの深夜帯の時間のみ、試験的に完全無人化の実験を7月頃から開始すると発表しました。

 

人手不足を解消する為とも言われており、24時間営業が問題視されるコンビニにとって、完全無人化が実現できればかなり経営も楽になるのではと思われます。

 

そこでこの記事では、コンビにの完全無人化による返品対応や盗難など、様ざまな問題についてや、もし完全無人化になった場合、バイトや社員の人達はどうなるのかなどを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク




コンビニ完全無人化は可能なのか?

現在既にセルフレジを活用している店舗もあり、特に大きな問題はないようです。ただ、一部をセルフレジにしているだけで、完全に無人化ではない為、何かあればすぐにスタッフが対応できる状態です。

 

一部無人化であれば人件費削減には大きく効果が出そうですが、果たして完全無人化はどうなのでしょうか?

 

返品や盗難の対応はどうするの?

現在もセルフレジを活用している店舗があり、出入り口にセキュリティーゲートを設置し、盗難を防止しているとの事です。ただ、それだけでは正直盗難を防止できるか心配な気もしますがどうなのでしょうか?

 

ちなみに、既にスウェーデンではコンビニの無人化を実用しており、防犯カメラが全てを記録し、何か問題があればクレジットカードなどの情報を元に、追跡できる仕組みになっているのだとか。

 

これくらいやらなければ、いくら真面目な人が多く安全な日本と言えども、盗難は防止できないのではないでしょうか?人件費は削減できても、諸々設備の初期投資は凄い額になりそうですね….

 

 

スポンサーリンク




返品などの対応はどうするの?

コンビニの無人化には様々な問題がありそうですが、やはり一番ンの問題が「人以外には対応できない場合はどうするのか?」です。例えば、おでんや肉まんなどもそうですが、人がいなければ現在買うことはできませんよね。

 

確かにレジだけなら無人でも大丈夫ですが、色々と不便なことも多そうです。完全無人化ではなく、1人でもスタッフがいる状態であれば問題なさそうですが、完全無人化に向けてはまだまだハードルが高そうです。

 

コンビニ無人化でバイトはどうなる?

もともと人件費の削減も、無人化の目的の一つであるため、雇用の数も減ることは間違いありません。正直無人化が進めば、コンビニのオーナー1人が棚卸や商品の並び替えをし、後は無人で行えばいい為、バイとの存在は必要なくなるかと思います。

 

理想は朝商品を並べて少し作業をして終わり。なんてことになれば本当にバイトは必要なくなってしまいますね。実現するにはまだまだかかりそうですが、確実に今後バイトの数は減ることになりそうです。

まとめ

いかがでしたか?

 

今コンビニの無人化が注目を集めており、ローソンが試験的に「完全無人化」を実現させるとのことで話題になっています。個人的には並ばずにスムーズにレジの会計が終われば良いなとは思いますが、正直温めたりなど、人にやってほしいと思うことも多いです。

 

何より、まだ若い人なら良いものの、お年寄りの方は正直システムがなかなな理解できないのではないでしょうか?便利になればなるほど、年配の方には使いづらいシステムにならないようにして頂けると助かります。

 

今後、コンビニだけでなく様々なものが無人化され、人ではなく、AIに変わってくる時代と言われます。その時、自分の仕事が無くならないかどうかなど、期待と不安が入りまじっているのが現状です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事