NHKにて中高年の引きこもりが特集されていた件ですが、どうやらヤラセなのでは?という情報がでています。

 

そこでこの記事では、一体何がヤラセだったのか?などを検証していきたいと思います。

スポンサーリンク




NHK中高年引きこもり特集がこちら

NHK中高年引きこもりは本当にやらせか?

SNSではひきこもりが炎上か?とかなり話題になっています。画像を見る限り、怪しい点が多くみられたことから、Facebookが特定され、今回特集された山瀬健治さんが、実は会社の執行役員(最高執行責任者COO)であることが判明しました。

スポンサーリンク




NHKも被害者か?

NHKで特集された中高年のひきこもり問題ですが、実はひきこもり役の男性は引きこもり支援ネットワークの社員であることが判明したようです。

 

最悪なのが、自分たちの活動を支援する為に自作の引きこもりを演じていたとも言われており、そうなるとNHK側も騙されたのではないか?という事になります。

まとめ

いかがでしたか?

 

正直今回の炎上で発覚したヤラセですが、正直またかという感じでした。確かに言われてみると身だしなみや何から何まで怪しく感じてしまいましたが、本当に引きこもりの人に対して失礼な報道ですね。

 

実際本当に何かしらのトラブルや病気。精神的なものを抱え、仕事や学校に行きたくても行けない人が多い中、このような報道は本当によくないと感じました。

 

日本全体として、不正受給者などもそうですが、本当に助けを必要としている人に援助ができ、不正に受給したり、騙したりしている人には厳しく対処できる世の中になってほしいと、今回のヤラセの報道を受け強く思いました。

 

ヤラセの報道があるたび、またか…とならないよう、真実だけを報道してほしいものですね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事