男性から絶大な人気を誇り、プレイしたことない人などいないのでは?と言われる程の人気ゲーム「ドラゴンクエスト」が3DCGアニメとして映画「ドラゴンクエストユア・ストーリー」として、2019年8月2日に公開されると発表されました。

 

そこでこの記事では、アニメ映画「ドラゴンクエスト」に対しての世間の声や、映画について調査してみたいと思います。

スポンサーリンク




アニメドラゴンクエスト予告動画

今回の映画ですが、「ドラゴンクエストV天空の花嫁」がストーリーになっているとのことです。その原案を元に、総監督を「ALWAYS三丁目の夕日」の監督・脚本を手掛ける山﨑貴氏。監督を八木竜一氏と花房真氏が務め、ドラクエの生みの親ともいえるゲームデザイナーの堀井雄二氏。作曲家すぎやまこういち氏と、とてつもない豪華なメンバーが揃ってます。

 

しかし、その期待とは裏腹に、ファンは映画の公開を前に少し不満を持っていると言うのです。

スポンサーリンク




ドラゴンクエスト映画化でファン(SNS)の反応は?

 


このように、昔からドラゴンクエストのファンと言う方は不満が出ているようです。もちろんですが、声優陣のキャストが豪華で見てみたい。映像が綺麗で素敵。といった声もありました。おそらく昔からのドラクエファンは映像と声優陣に不満があるんではないかと思います。

ドラクエの絵が違いすぎる

やはり一番の違和感は絵(タッチ)の違いですね。何故鳥山明先生のタッチにしなかったのでしょうか?大人の事情なのか?それともあえて変えたのかはわかりませんが、私自身も正直違和感が気になります。

Mimi
個人的にやっぱり絵の違和感は凄いですね。鳥山明ファンとしては何だかちょっぴり残念な気持ちです。

ドラゴンクエスト声優陣と世間の反応は?

映画の声優人が発表されました。一見名前だけ見るととてつもなく豪華なメンバーが揃っていますが、実際声優としての本職は山寺宏一さんのみで、その辺りもファンは不安に思っているようです。

 

確かにこのキャストが通常の映画であればとてつもないメンバーだと言えるでしょう。しかし今回のドラクエはアニメ映画であり、あくまで俳優としてではなく、声優としての参加となるので、ならば本職の声優さんで映画化してほしかったとの声が多いのが事実です。

声優陣一覧

(主人公リュカ役)佐藤健

(ビアンカ役)有村架純

(フローラ役)波瑠

(ヘンリー役)坂口健太郎

(パパス役)山田孝之

その他ケンドーコバヤシ・安田顕・吉田新太・松尾スズキ・山寺宏一・井浦新・賀来千賀子・吉田鋼太朗らの出演が発表されています。とっても豪華なメンバーですね。是非映画で見てみたいキャストです。

まとめ

いかがでしたか?

ファンとしては楽しみでありながらも、少し不安な気落ちもあります。どの映画もそうかもしれませんが、原作のファンであればあるほど、映画化されるとがっかりしてしまうケースが多いですよね。

 

今回のドラゴンクエストの映画化ですが、もの凄くたのしみにしている人と、絶対見ないと言う人がいる様ですが、個人的には映像も綺麗だし、あまり原作と比較しすぎないで見れば絶対楽しいのではないかと思います。

Mimi

確かに原作のファンであればあるほどがっかりしてしまう人は多いかもしれないですね。私も変な主観はいれずに、純粋にドラゴンクエストを見てみようかなと思いました。

なんだかんだ楽しみです(笑)

スポンサーリンク




スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事