2019年4月9日に新1万円札のデザインが変更されると発表がありました。一万円札に「渋沢栄一」五千円札は「津田梅子」。千円札には「北里柴三朗」というお三方が新紙幣の顔となるようです。

 

そこでこの記事では、福沢諭吉に変わる新一万円札として発表された「渋沢栄一」さんについて色々と調べてみたいと思います。

スポンサーリンク




紙幣変更の理由は何?

まずは気になるのが紙幣の変更の理由ですね。調べてみようと思います。

青木
何でわざわざ紙幣の変更何てするんだろう?変えなくても良い気がするんんだけど….

木村
確かに!いきなり一万円札は渋沢栄一さんになりました。なんて言われてもピンとこないよな。やっぱり福沢諭吉さんの方がしっくりくる

やっぱりわざわざ変更しなくても良いのでは?という意見もあるようです。では何故紙幣の変更をするのかと言うと、政府は偽造防止の為に、今までも20年に一度のデザイン変更をしてきた。との事です。

 

確かにあまりにも長い期間使用していると偽造されてしまうリスクも高まりますね。ちなみに変更は5年後をめどにしているようです。

 

ちなみに最近あまり見かけない二千円札ですが、デザインの変更などは無いようです。

スポンサーリンク




渋沢栄一ってどんな人?

青木
紙幣が変わるのは5年後らしいけど、せっかく一万円札が変わるなら、渋沢栄一さんがどんな人かも知りたいよね。

木村
確かに!知らないままにするのはなんか恥ずかしいよね。せっかくならこの機会に渋沢栄一さんがどんな人なのか学ぼう!

渋沢栄一さんを簡単に説明すると「近代日本の経済の父」と呼ばれていたすごい人。と言うメージが強いようです。明治から昭和にかけて産業界をリードし続けた人物が渋沢栄一さんだったようですね。

 

以前は官僚を務めていたこともあるみたいですが、軍の予算削減が認められなかったことがきっかけで辞めてしまったようです。

 

しかしそこから実業家に転身し、500以上の会社の設立に関わってきたそうです。何とも凄い人ですね。ちなみに現在のみずほ銀行(当時は第一国立銀行)なども渋沢栄一さんが関わっているようです。

渋沢栄一さんの家族は?

渋沢栄一さんの家族について調べてみましたが、それがまたなんともすごいのです。なんと、本妻以外にも妾(めかけ)がおり、子供が約50人いると言われています。

 

子供の中には後に社長になっている人が多く、やはり渋沢栄一さんの影響によるものか、もしくは優秀な血なのかもしれませんね。

青木
子供50人て……..
やっぱりすごい人って何から何までぶっ飛んでますね…

渋沢栄一さん名言集

ここで渋沢栄一さんの名言集をご紹介したいと思います。

 

今よりも成功したい。向上心や野心がある。目標や夢を叶えたい。そんな方は是非肝に銘じておいてはいかがでしょうか?

 

渋沢栄一さんの名言をご紹介いたします。

【渋沢栄一】名言その1

もうこれで満足だと言う時は、すなわち衰える時である

【渋沢栄一】名言その2
商売をする上で需要なのは、競争しながらでも道徳を守るということだ

実際に結果を出し、行動に移してきた男の言葉にはやはり重みがありますね。いつどんな時も満足しない。まだまだこれでも足りない。もっと成長したい。成功したいと思い続けない限り、衰退してしまうと言うのは、現代の学生、社会人は見習うべき点ではないでしょうか?

 

「私だって、僕だってこんなに頑張っているんです」。と言う人がいますが、自分に満足していない。もっと成長したいと言う人からはまず聞こえてこないセリフです。

新社会人になり、会社の上司からなかなか認めてもらえない。頑張りが評価されない。もっと頑張れと言われてしまうのであれば、それは、自分が満足しているだけで、周りはそうは思っていいないということを自覚し、そのうえで誰からも文句を言われないような結果と行動を取ればよいだけです。

 

渋沢栄一さんはきっと、亡くなる瞬間まで満足しない人だったのではないでしょうか?その向上心と野心がなければ会社を500社も設立することは不可能でしたね。

お札の人物は誰が決めるの?

一万円札が福沢諭吉さんから渋沢栄一さんに変わりましたが、お札の肖像画は誰が決めるのでしょうか?

日本銀行金融研究所貨幣博物館のサイト情報によるとこう書かれています。

 銀行券の肖像などの様式は、日本銀行法第47条?に財務大臣が定め、公示する旨が定められています。
例えば、昭和59(1984)年に発行された銀行券(一万円券、五千円券、千円券)の肖像選定に当たっては、

・ 実在の人物で業績があり、知名度が高いこと、
・ 史実考証面で明確な写真や肖像画があること、
・ 芸術家や文化人の採用が近年における世界的潮流となっていること、
・ 国際性があること、
・ これら3券種は同時改刷であったため、3券種統一テーマで選ぶこと、

などが考慮され、最終的には国立印刷局(旧財務省)のデザイン・彫刻の専門家の意見もあって、福沢諭吉、 新渡戸稲造、夏目漱石という明治以降の文化人トリオに決定しました。

なお、2000年7月から発行された二千円券には、表面に守礼門が、裏面に源氏物語絵巻や紫式部が描かれていますが、図柄の選定に当たっては、故小渕元総理大臣が大蔵大臣(当時)と相談のうえ、決められたとのことです。

青木

なるほど、紙幣に載っている人ってそんな感じで決まるんですね。

今まで何となくというか、何も考えていなかったので勉強になりました。

まとめ

渋沢栄一ってどんな人?家族や名言に1万円札になった理由誰や決めた?はいかがでしたか?

 

恥ずかしながら今まで渋沢栄一さんのことは知りませんでした。今回色々調べてみた結果、渋沢栄一さんがどれだけ凄い人なのかが分かりました。紙幣の変更はまだ先の5年後とのことですが、きっと最初は違和感をすごく感じることだと思います。

 

どんな紙幣になるかとっても楽しみですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事