2019年4月15日。ドコモが新料金プランを発表しました。しかし、どうやら期待していたユーザーの思いとは裏腹に、「え?安くなったの?」「なんかよくわからない」「むしろ高くなった気がする」など、不満の声が上がっています。

 

とにかく今回の料金変更プランですが、ユーザーにとって何が違うのか?なども含め、とてもわかりにくくなっているようです。ということで、色々調べて見ましたので、ドコモユーザーの方は座日参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク




新プランとは?

新料金プランとして「ギガホ」と「ギガライト」が発表されました。ちなみに新プランは5月22日から受付。6月1からの提供のようです。このプランにすることで、現在のプランよりも2~4割の値下げになるとされていますが、個人的に何度も説明を読みましたが、正直非常にわかりにくい。コレで本当に安くなるの?という疑問を持ってしまいました。

 

詳しくはこちらに掲載されていますのでご覧下さい

正直何のことを言っているのか?と思ってしまいます。お年寄りにも分りやすくならないものかといつもおもうのですが、なぜこんなにも携帯会社はわかりづらくするのでしょうか??それが原因でわからないまま契約し、後に携帯会社でもめている人をたくさん見かけます。

シンプルでお得な料金プラン

今回のプランは「ギガホ」と「ギガライト」に分けられています。2つから選ぶ分りやすい料金プランとされていますが、実際のところどうなんでしょうか?

このプランは家族のお得を更に強化するとのことです。

○「ギガホ」ネット使い放題・ちなみに「ギガホ」の特徴ですが、30GBの大容量と超過してもずっと最大1Mbpsでネット使い放題5980円。

○「ギガライト」使ったぶんだけ・2年目以降も、利用したデータ量に応じてずっとこの料金。1980円だそうです。

スポンサーリンク




色々調べたけど、ドコモ新料金プランは値上げ?

ドコモの「ギガライトプラン」(月間)ですが

○1GB/2980円~

○3GB/3980円

○5GB/4980円

○7GB/5980円

○7GB以上128kpbs制限

音声通話が基本料金込みとなっていますが、旧シンプルプラン同等で、しかもかけ放題は無し。月々のサポート・DOCOMO withによるキックバック無し。ということで、正直料金プランを変更したことによるメリットが感じられません。

ドコモユーザーとしては最新機種を使うとなるとどうみても値下げではなく、値上げに感じてしまいます。

まとめ

今回の料金プラン変更は、誰がどう見ても実質値上のようです。もしかしたらお得になる人もいるかも知れませんが、ほとんどの方は値上げのようです。実際、この料金プランに端末代を加算すると、それだけでどう考えても値上げになってしまいます。

 

なんか期待していたユーザーにとっては非常に残念な結果になってしまいましたね…。

メモ(料金プランまとめ)

○最高額プラン→内容はそのままで値下(ただし、月々のサポート(2年間端末値引き)の途中で乗り換えると大損)

○中価格プラン→値段は下がらず、サービスが変更

○格安プラン→値上げ!改悪

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事