視聴者によるクレームは正しい?それともただの言いがかり?





いつからか、テレビの規制が非常に厳しくなったように感じます。私個人としては、番組を視聴している最中に流れるテロップの、「このあとスタッフがおいしくいただきました」 の文字。正直必要ない。逆に不快に感じてしまいます。

 

そんなこんなで、今やテレビ内における番組やCMで苦情が殺到しているのだとか。そこで今回、その苦情は正当なものなのか?もしくはただの言いがかりかを検証してみようと思います。

 

クレームで多いのは子供に悪影響を与えるから

確かに子供に悪影響を与えるのは良くないですね。ただそこで疑問が一つ。 「それって番組を見せなければ良いだけの話」 なのではないかということ。

 

確かにアンパンマンが喫煙していたり、ちびまるこちゃんがいじめをしている。サザエさんが泥棒している。なんてシーンがアニメで流れたらそれはさすがにクレームになると判断できます。

 

しかし深夜の時間帯の番組でれば、見なければ良いだけの話のはず。ドラマで喫煙のシーンが多すぎるや、最近では、24時間テレビでみやぞんが暑い中走り、これだけ熱中症がニュースになっているにも関わらす、トライアスロンをさせるなんてどういうことだと。いうクレームもあったと聞きます。

見せる親に原因があるのではとの声も?

嫌なら見なければいい。それが正直素直な感想だろう。見なければ不快でもなんでもない。しかし、それを見せてしまう親にも原因が無いとは言い切れない。特に最近は深夜放送のアニメに苦情が多いと言うから驚きである。これそまさに見せなければいいというより、何故子供がそんな時間に起きているんだ?と言うところが問題だろう。

 

そもそも深夜に放送するにはそれなりの理由があるはず、大人であればそれを楽しみにアニメのファンになっていると言う人も少なくないと思うので、クレームを言うことがそもそもの間違いである。



親側の言い分は?

深夜だとしても、子供がたまたま起きて見てしまう事も十分考えられるや、録画してしまえば深夜だろうが関係ない。自分の子供が見ていなくても、友達から教えられ、youtubeなどで見てしまう可能性もあるとの事。

 

もうここまでくると、批判的な意見を無理矢理作っているようにしか感じませんね。言ったもん勝ちとはまさにこの事です。もちろん正当なクレームも中にはあると言うのを忘れてはいけません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今後更にクレームが増えることで、どんどん規制が増え、テレビ離れが加速すること間違いなしです。番組自体がつまらなくなれば、youtubeやアメバTVなど、規制がまだゆるく、面白いことが沢山ある方に視聴者が流れてしまうのはある意味当然だと思います。

 

とはいうものの、テレビっ子である私はこれからもテレビを見続けることは間違いありませんが、変なクレームや言いがかりで番組がつまらなくなるのだけは避けて頂きたいものですね。


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事