ラガーマンは車の下敷きになっても軽傷?





衝撃的なニュースが飛び込んできました。

 

23日未明、東京府中市でラグビー日本代表選手でもある浅原拓真選手が車の下敷きになったと言うのです。命に別状はないのか?今後のラグビー人生は?代表はどうなってしまうの?心配で知れべてみたところ、衝撃の事実が判明してのです。

 

車に轢かれ軽傷





とりあえず軽傷との事で一安心です。車に轢かれたなると、正直驚きと心配で嫌なことが頭の隅をよぎりましたが、とにかく無事で何よりです。

 

事故の原因としては、酒に酔っぱらっていた浅原拓真選手が道で寝ていたところ、車に轢かれたとの事ですが、そもそも車に轢かれて助かるもの?軽傷で済むものなのでしょうか?

 

今回の事故は、大事故にならなくて良かったなという思いと同時に、何故軽傷で済むのか?そこが気になってしまったのですが、理由として、現場にいたリーチ・マイケル選手らがすぐにに車を持ち上げ助けたからだと説明されています。

 

と言ってもそれでも轢かれた後の話ですからね。普通ではありえないですよね。そこで思う事が一つ。ラガーマンの身体はどれだけ丈夫なんだよという事。もしかしてラガーマンのタックルは軽自動車くらいなのか?と勝手に思ってしまいました。それくらい衝撃ですよね。

 

車に轢かれても軽傷だったのは何故?その肉体の秘密とは?

 

ちなみに車で轢いたとありますが、詳しくどのように轢かれたのか説明しますと、浅原拓真選手が酔っぱらって駐車場に仰向けになって寝ていたところ、気付かなかった車が発進し、浅原拓真選手の腹部を轢いてしまったのだとか。

 

なんだ。スピード出てなかったのか。なら大丈夫だろ。ではなく、どんな腹筋してんだよ。そっちが気になってしまいます。車に轢かれても丈夫な腹筋。なんかCMきそうですね。

 

そして気になる浅原拓真選手のけがの具合ですが、腹部を傷めたものの、軽傷とのことです。

 

まとめ

それにしてもラグビー選手恐るべしですね。ちなみに一般人が同じように車に腹部を轢かれてしまった場合、内臓破裂など、何かしらの大事故になり兼ねません。今回は運が良かったのか?それとも本当に鍛え抜かれた日本代表のラグビー選手だから助かったのか?

 

とっても気になるところですが、一つだけわかることがあるとすればこれ!「飲んでも飲まれるな」ですね。道端で寝ずにしっかり家で寝ましょう。

 

これから寒くなってきますので、本当に道で寝てると、車云々ではなく危ないですからね。飲んで大事故に巻き込まてしまったと後から後悔しても遅いので、しっかり自分自身のケアは自分でしましょう。


 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事