現役大学生アイドル【カレッジ・コスモス】とは?





アイドル戦国時代の今、また新たに興味深いアイドルが誕生しました。その名も【カレッジ・コスモス】これまでのアイドルのイメージを塗り替え、新しい形のアイドルを求め誕生したとのことで、知性派アイドルを目指し、幅広く活動していくとのことです。

 

全員が現役大学生とのことで、間違い無くアイドルの中では一番の知性派アイドルといえるでしょう。知性的で清純派なアイドル。人気がでそうですね。ちなみに恋愛は禁止ではないようです。アイドルで恋愛OKとはビックリですね。


メンバー全員が大学のミスコン出身で構成され、選抜メンバーにはカントリー・ガールズの山木梨沙(20)が兼任で加わった美女25人組ユニットなのです。そして、デビュー曲配信に伴い、都内でお披露目イベントを行いました。

デビュー曲は?

デビュー曲のタイトルは『言葉の水を濾過したい』

 

芸能事務所スペースクラフトグループとアップフロントグループがタッグを組んだとあり、本気度が伺える一曲となっています。曲の雰囲気はザ・アイドルと呼ぶにふさわしい、爽やかでポップな曲調となっています。そして、なんといっても衣装が白のワンピースで統一され、とても可愛いらしい雰囲気です。これから注目したいところですね。

メンバーの大学まとめ

■College Cosmosメンバー25人
慶応大学商学部3年:山木梨沙(やまき・りさ)
中央大学法学部4年:松井まり(まつい・まり)
慶応大学文学部2年:秋月香七(あきづき・かな)
国学院大学経済学部3年:菅真鈴(すが・まりん)
中央大学経済学部3年:橋本紗奈(はしもと・さな)
東京理科大学経済学部2年:脇田璃奈(わきた・りな)
玉川大学リベラルアーツ学部4年:伊藤舞(いとう・まい)
慶応大学文学部2年:似鳥めぐみ(にたどり・めぐみ)
立教大学文学部2年:對馬桜花(つしま・はるか)
立教大学異文化コミュニケーション学部2年:伊藤彩華(いとう・あやか)
成城大学文芸学部2年:雪嶋桃葉(ゆきしま・ももは)
日本大学芸術学部2年:郡司奈桜(ぐんじ・なお)
立正大学経済学部4年:Aya(あや)
清泉女子大学文学部4年:平賀咲乃(ひらが・さきの)
跡見学園女子大学文学部4年:坂本美咲(さかもと・みさき)
国士舘大学政経学部4年:渡辺磨玲(わたなべ・まりん)
洗足学園大学音楽学部4年:深澤京花(ふかざわ・きょうか)
実践女子大学人間社会学部3年:松岡資佳(まつおか・もとか)
武蔵野大学人間科学部4年:新家利奈(にいのみ・りな)
東京理科大学経営学部4年:脇田茉奈(わきた・まな)
早稲田大学人間科学部4年:岡本真由子(おかもと・まゆこ)
慶応大学文学部4年:蒼乃菜月(あおの・なつき)
青山学院大学文学部4年:舩田美子(ふなだ・みこ)
日本女子体育大学体育学部2年:菜月(なつき)
東京農業大学応用生物科学部3年:中島菜々(なかじま・なな)

以上25名がカレッジ・コスモスのメンバーとなります。次回のLIVEは20.21日に開催される埼玉・彩の国くまがやドーム体育館で開催されるイベント「Hello Project  20th  Anniversary Hello  Project  ハロ フェス 2018」に参加予定とのことです。

 

ちなみに大学生限定ユニットということで、1期生の4年生以外は、大学卒業と同時にユニットを卒業予定とのことです。

合わせて読みたい

合わせて読みたい

世間の注目度は?





活動内容はどのようになっていくか気になるようですね。確かに全員が現役大学生となると、活動しやすい子としにくい子がでてきそうですね。

アイドルの王道路線を目指そうと思うと、どうしても坂道系がライバルになってしまうのでしょうか?確かに今や乃木坂46は可愛いくて清楚で清潔感がある王道アイドルです。秋元康さんプロデュースをライバルにするのはなかなか厳しいかもしれませんが、大学生限定ユニット&恋愛OKという部分が違う部分として売りになるのでしょうか?

もう既に熱烈なファンもいるようですね。これからどんどん人気が出ること間違い無しだと思います。

まとめ

個人的には非常に楽しみなアイドルが出てきたと感じています。ただ、お気に入りのメンバーが大学卒業と同時にユニットも卒業というのは、なんともファンとしては悲しいですよね。そしてもう一つ。アイドルが恋愛禁止なのは何故か?それが鍵になってきそうですね。

 

アイドルファンはある種の疑似恋愛的な感覚で応援しているファンもいると思うので、恋愛OKですよ。というアイドルを果たして応援するのか?そこが売りでもあり、気になる点かなと思います。どちらにせよ、顔良し、曲良し、話題性ありで、気になるアイドルであることは間違い無しですね。楽しみです。

スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事